はるまい

つまみ細工こもごも
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

藍の種蒔き

0
    今日は庭の草を取り、藍の種蒔きをしました。

    藍の生葉染めをするためです。

    昨年に続いて二回目です。

    昨年の藍の生葉染めの記事はこちら



    と言っても、容器に種を蒔いただけで、これから定植のための畝を作るのですが。

    昨年はほぼ放置状態で最終的には雑草にまみれてしまいました。

    痩せた土地にいい加減な管理...唯一良かった点は、結果的に完全無農薬栽培となったことでしょうか。

    もともと雑草なので強いのですが、染料として使うには良い土で育てた方が染めるための成分を多く含む良質のものとなるらしいので、今年は大事に育ててみようと思います。



    あと、まだ未着手ですが懲りずにまた紅花にもチャレンジします。

    昨年、赤い染料となる花餅という、摘んだ花をすり潰して発酵させたものを作ったのですが、完成品の量の少なさに染めるのを断念しました。

    今年は間引きをちゃんとして、作付け面積も増やして収穫量増大に挑みます。



    庭にはドクダミがいっぱいで駆除するのが大変でした。

    ドクダミも草木染めに使えるらしいのですが、あの匂いではやる気が起きません。

    あと、団子虫が大量発生していました。

    団子虫さんは甲殻類の仲間だそうで...結構なことです。
    染め | permalink | comments(0) | - | -

    藍の生葉染め

    0
      昨日の夕方、家の庭で育てた藍の生葉を使って染めを行いました。

      帯揚げ二枚。
      帯揚げ二枚

      羽二重12匁。(アイロンかけていないのでしわしわです)
      羽二重12匁

      羽二重4匁。
      羽二重4匁

      刻んで酢酸といっしょに揉んで染液を作って染めます。
      普通の藍染めは温度管理が難しく、私にはとても手が出せませんが、これなら簡単です。
      酢酸といっても百均の食酢を使いました。
      酢酸液が少量しか手元になかったので。
      羽二重は全てつまみ細工に使います。

      ところで私は虫が非常に苦手です。
      藍は庭にほぼ放置していたため、虫が付き放題でした。
      刈り取って家で刻んでいる間、虫が出てきたらどうしようと足が震えていました。
      作業が終わった後は心的疲労が凄まじくたまっていました。
      誇張ではなく足がガクガクしました。
      染め | permalink | comments(0) | - | -

      黄色のストール(ウール75% シルク25%)

      0
        黄色のストール

        昨夜染めていたストールです。
        ウール75%、シルク25%の品物でした。
        気をつけて染めたので、フェルト化は防ぐことができました。
        水洗時の温度にも注意したので、風合いも保たれています。

        結局夜中の2時までかかりました。
        その後、月を見ながら眠りました。
        明日は帯揚げを藍の生葉染めしようと思っています。
        染め | permalink | comments(0) | - | -

        黒染め

        0
          依頼を受けた髪飾りのために、白生地を黒く染めました。
          いつも使っている染料は黒が無いため、ダイロンの黒を使ってみました。
          耐久性が不明なのだが、今回作成するものに限っては問題ないということで。
          使ったのはプレミアムダイ

          絹への染色は少し薄めに染まるとのことで、出来あがりは蝋色といった感じに。
          真っ黒が欲しければ、染料店で染料を買った方が良いかな。
          ただ、ダイロンはとても手軽に染められるのがよいです。
          以前、日焼けシミの出来たレーヨンの薄いピンクベージュのカーディガンを、上記のプレミアムダイで紫に染めたところ、非常に好評でした。

          今回作るのは、黄色、赤、黒の髪飾り。
          要求に極力答える形で色を染めて作ります。
          何でも、某イベントで自分が何処を贔屓にしているかをアピールするためのものだそうです。
          染め | permalink | comments(0) | - | -

          羽二重

          0
            染めたもの
            染めたものです。
            この後糊づけします。

            羽二重の4匁と12匁を染めています。
            どうも12匁が気に入った色が出ません。
            4匁の方が綺麗に染まるような気がします。
            4匁は非常に薄く、光を透過するので、リバーサルフィルムが美しく見えるのと同じかも。

            もちろん、つまみ細工用。
            染め | permalink | comments(0) | - | -