はるまい

つまみ細工こもごも
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ねじり菊と金属花のかんざし | main | 8花弁薔薇のヘアコーム >>

丸い薔薇のヘアコーム

0



    薔薇のヘアコームです。
    昨年秋に小さいつまみ細工を好んで練習していたのですが、十二月頃になってその反動が現れてしまいました。
    小さいものはしばらく作りたくない、という気持ちになってしまい練習も兼ねてひたすら薔薇を作っていました。
    その結果かなりの量の薔薇が出来あがりました。
    しかしながら、私はその後のことを全く考えておらず、結局このような形になりました。
    大きな薔薇のかんざしも考えましたが、練習で作ったものということで適当な土台に葺いてしまったため、ワイヤーの長さが不足して断念しました。
    おちりん(土台)が見えているのもやはり適当に選んだ、あり合わせのもので作ったためです。
    仕方がないので、コームを組み上げる練習ということにしました。


    着用写真です。
    特筆することもありません。
    ただ、最近マネキン(バルフレアちゃん)に実際に髪飾りを付けてみて気付いたことがありました。
    つまみ細工は円形にカットした厚紙にワイヤーを付けたものを土台とし、その上に花を作ります。
    完成した姿は正に花とその茎のようで、それをいくつか束ねると花束のようになります。
    必要に応じてその花束の茎の部分をカットし、かんざし足やヘアコームにくくりつけて完成です。
    完成したものはワイヤー部分があることで花首や位置をある程度自由に動かすことができます。
    (動かしすぎると壊れますが)
    これにより、髪型や着ける位置に合わせて花を調節し、身に着ける人により適切な形に出来るのだということを再認識しています。
    作る人間としては花の位置や角度まで全て考えて組み上げているので不本意でないとは言えません。
    しかし、やはり身に着けた時に美しい事の方が重要と私は考えています。
    日本髪につまみ簪を挿した時にこういった調整をするのかは知らないのですが、髪型が多様化している現代に意外と適した構造なのかも、などと思ったりもしました。

    最近更新が続いているのは作りためたかんざしがあるためです。
    これを全てアップロードしたら、恐らくまた平常運転に戻ることでしょう。

    ***********************
    制作中のつまみ細工などブログには載せていない情報をFacebookページにて公開しています。
    はるまい Facebook ページ
    ***********************
    つまみ細工制作 | permalink | comments(0) | - | -

    この記事に対するコメント

    コメントする