はるまい

つまみ細工こもごも
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 海外のつまみ細工事情2 〜つまみ細工はなぜkanzashiか〜 | main | 裏葉色の花かんざし >>

海外のつまみ細工事情3 〜様々なつまみ細工の作り方〜

0
    今回も前回に引き続いて海外のつまみ細工について書いてみようと思います。

    海外で様々な国の人々が自由につまみ細工を楽しんでいる様子はインターネット上で見ることが出来ますが、作品の作り方は我々と同じだったり違ったりです。
    日本の糊派かボンド派かと分かれているつまみ細工愛好者の中に、海外では『バーナー派』が加わります。
    摘まんだ化繊の布を火で炙って溶かし土台に接着する、という驚きの方法です。
    伝統的な制作方法よりも耐水性が高いように感じられるのですが、実際はどうなのでしょうか?
    でんぷん糊というものの入手が難しい海外ならではの方法です。
    ちなみに、でんぷん糊派の方ももちろんいらっしゃいまして、その糊を自作しているのを見たことがあります。

    次に使用する布についてです。
    やはり絹は特別な素材であるというのは共通の認識のようです。
    日本から着物を仕入れて解いて使っていたり、羽二重を手に入れて染色しているのを見かけます。
    あとは、自国の型染めの布などを使って作る方もいらっしゃいます。
    私が一番面白いと思ったのは、サテンリボンを使って作るつまみ細工です。
    海外のつまみ細工作品でよく見受けられる、鮮やかな色彩で艶のある素材はサテンリボンを使っているものであることが多いかと思います。
    リボンだと正確な正方形に切るのが簡単になるので本当に頭の良い方法です。
    このかんざしを『リボンkanzashi(=リボンつまみ細工)』などと呼んでいたりもするようです。

    最後に作るモチーフについて少し触れてみます。
    これについては日本と同じく圧倒的に花が多いようなのですが、動物モチーフを作っている方も意外と多いと感じます。
    毎年干支の動物を作って発表されている方もいたりと様々で、その中でも鳥類が人気のようです。
    鶴、鳩、フェニックス、コンドル、白鳥などなど…
    花と相性が良いとう理由なのか蝶もよく作られているようです。


    大分寒くなってきました。
    しばらく前に撮影したピラカンサですが、私の住む東北でも季節の終わりを迎えています。




    ***********************
    制作中のつまみ細工などブログには載せていない情報をFacebookページにて公開しています。
    はるまい Facebook ページ
    ***********************
    よもやま | permalink | comments(0) | - | -

    この記事に対するコメント

    コメントする