はるまい

つまみ細工こもごも
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 葡萄の玉かんざし | main | 海外のつまみ細工事情2 〜つまみ細工はなぜkanzashiか〜 >>

赤い実の玉かんざし

0






    赤い実の玉かんざしです。
    球の全面をランダムに草のモチーフで覆っています。
    本当はもっとカーブを付けて唐草にしたかったのですが、糊引きしてある厚めの小さな布をカールさせるのが難しくてこのようになりました。
    曲線を作る場合は糊引きしていない布の方が良さそうですが、強度のことを考えると省くべき工程ではないように私は考えています。
    今回、少し布に引いた糊が多かったせいもあるのかもしれません。
    秋のイメージで作りましたが、冬にも使えると思います。
    マネキンの首もとはホラーテイストで、皆様に一服の涼を提供しております。


    今日の仙台市は非常に寒いにも関わらず私はスカートを着用していました。
    一度はパンプスを選んでドアを開けたのですが、あまりの寒さに家に戻りロングブーツに変えました。
    本当は今年流行りのミモレ丈なるスカートが欲しいのですが買えないので昨冬のスカートで我慢です。
    街の中は意外にも大半の女性がパンプス姿でした。
    気温11度位だったのですが...年を取った体には応えます。
    ちなみに今日は月に一度のにゃろめ先生のつまみ細工教室の日でした。
    いつも楽しいですが、今日もとても楽しかったです。

    最近、作業中のBGMについて悩んでいます。
    私は邦楽は分からないので洋楽を聴いています、と言いたいのですが、洋楽も分からないので専らクラシックかジャズを聴いています。
    好きなピアニストはフランスが生んだ天才サンソン・フランソワです。
    彼が同じくフランスの作曲家モーリス・ラヴェルの曲を弾いているのがとても好きで、亡き王女のためのパヴァーヌと左手のためのピアノ協奏曲が特に好きです。
    ソリストの演奏も好きですが、トリオやカルテットはもっと好きです。
    本当に一番好きなのは弦楽四重奏で、昔、横浜に住んでいた頃には気に入った演目のものはよく聞きに行きました。
    (日本で行われたフェルメール カルテットの解散公演にも行きました!! 一日だけですが...)
    ちなみに私は楽器については何一つ出来るものはありませんし、音楽の知識も殆どありません。
    ということで、だったらそんなに好きな弦楽四重奏でもずっと聞いてればいいのでは?、と思われてしまうことは容易に推察できるのですがそれができるのであればこんな文章は書いていません。
    いつも同じものばかり聞いていたので飽きてきてしまったのです。
    ジャズ⇒クラシック⇒ジャズ⇒クラシック と繰り返しているうちに以前のような面白味が感じられなくなりました。
    大体こうなった時にはしばらく間をあけると良くなるのですが、その間のつまみ細工作業用BGMをどうするのかというのが真剣な悩みです。
    Youtubeでジャズやクラシックの目についたものを視聴しましたがやはり駄目で、ヒーリング系の音楽も駄目。
    後は子供の頃に遊んだゲームBGM系の音楽も駄目、知らない人でも盛り上がれるアニメ・ゲーム主題歌のような動画も見ましたが知らない人ではやはり駄目でした。
    雨音だけ1時間とか2時間といった動画にもチャレンジしましたが、1分と経たずに挫折しました。
    作業時の音楽は作業効率に対する影響力が少なからずあると感じているので何とかしたいのですが、どうすればよいのが皆目見当がつきません。
    取りあえず最近はケーブルテレビの海外の料理番組、旅番組、後はペットしつけ番組を流しながら作業しています。
    国内のものだと太田和彦のふらり旅 いい酒いい肴と吉田類の酒場放浪記が好きです。



    ***********************
    制作中のつまみ細工などブログには載せていない情報をFacebookページにて公開しています。
    はるまい Facebook ページ
    ***********************
    【RANKING】
    ヘアアクセサリーブログランキング
    つまみ細工ブログランキング
    ***********************
    つまみ細工制作 | permalink | comments(0) | - | -

    この記事に対するコメント

    コメントする