はるまい

つまみ細工こもごも
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< カラフルな色合いのつまみ細工のかんざし2 | main | 冬至南瓜のつまみ細工のヘアコーム >>

藍の生葉染め 2015 追憶編

0


    記録によると、2015年9月末頃に自宅の庭で育てた藍を使って染めものをしたようです。
    上の写真はつまみ細工用に染めた布です。
    今回は藍の茎でも染めました。
    それがグレーの布で、青い布は葉で染めたものです。
    どちらも美しく染まっていて、つまみ細工に仕上げるのが楽しみです。
    ちなみに2015年末現在、未だ手つかずです。
    一昨年藍の生葉で染めた布は特に変色なども見られなかったので、つまみ細工に使用しても問題無いと判断しました。
    使ったことの無い天然染料で行った染めに対しては、皆さんそうでしょうけれど、私も慎重です。
    つまみ細工にしたのにあっという間に退色しては話になりません。
    染めた後はしばらくの間経過観察を行っています。
    春先の桜染めの布も保管して様子を見ています。


    組紐の糸で、全て藍の茎で染めました。
    精練もしています。
    ただ、なかなか上達出来ません。
    写真奥の薄紫色は偶然出た色で、とても美しい色に染めあがっています。
    たまに染めの写真で組紐用の綛糸を染めたものを載せています。
    ブログには載せていませんでしたが、組紐を習っています。
    もう二年目に入ってしばらく経つのに一向に上達しなくて苦しい日々です。
    そのうちブログにも組紐のカテゴリを追加する予定です。
    このブログは「つまみ細工 こもごも」ですので、その真価を見せる時と思っています。

    今回の生葉染めは新しいことにも挑戦しました。
    それは手ぬぐいの型染めです。
    器用な妹にねじり菊のつまみかんざしからデザインを起こして型を作ってもらいました。
    名刺にもこのデザインを使っています。


    それが残念ながらこうなりました。


    色が薄いです。
    生葉の量が少なかったです。
    本当はデザフェスでのノベルティにしようと考えていましたが、上手くいかなかったのであえなく没に。
    来年は頑張りたいです。
    何より馬鹿なのは姉妹そろって、元絵を反転させた型を作らないと元絵と同じに染めあがらないことに気づかなかったことだと思います。

    今年は手をかけて藍を育てたので豊作でした。
    使い切れなかった分は乾燥させて保管しているので、そのうち使おうと思います。
    ということで、この辺りで藍の生葉染め2015の追憶を終わります。

    ***********************
    制作中のつまみ細工などの情報をFacebookページにて公開しています。
    はるまい Facebook ページ 
    ***********************
    染め | permalink | comments(0) | - | -

    この記事に対するコメント

    コメントする